Language selector
  • 自由と基本的人権の擁護
    公益の保護
    統治の質の監視

    alaune_lng1

国務院(Conseil d’État)は、政府が法律案や政令案 などを準備する際に、
政府から 諮問を受けて答申します。また、法に関わる問題について、政府から求められた場合は、意見を述べます。
さらに、政府からの要求に応じ、又は自ら率先して、行政問題や公共政策に関する問題について研究を行います。
国務院は、行政最高裁判所の機能も有しています。国務院は、国、地方公共団体、
行政施設などの行為に対する最終審裁判所です。
これら二つの役割(勧告と裁判)によって、国務院は、フランスの行政が、法に従って適正に行われることを保障します。

さらに、国務院は、第一審行政裁判所と行政控訴院を統括して管理する権限も持っています。

  • 映画

    film_palais

  • 冊子

    ce_japonaiscouv

  • Download the annual report ”The Conseil d’État in 2014”

    English version